外壁塗装のDIYをおすすめできない理由

 



こんにちは、千葉県千葉市で外壁塗装・屋根塗装、住宅足場を手掛けているライフワークスです。

近頃、自分で家具を作ったり家をリフォームしたりする「DIY」が盛んで、誰でもプロ仕様の立派な工具を気軽に入手することができるようになりました。

ところが、外壁塗装の作業は見た目以上に難しく、DIYはおすすめできません。今回は、プロ目線で「外壁塗装のDIYをおすすめできない理由」を解説します。


■外壁塗装をDIYする6つのデメリット

家のリフォームを考える方の中には、「内装や家具を塗るように、自分で外壁を塗れたらいいな」と思う方もいますよね。しかし、外壁塗装DIYの落とし穴は、ありとあらゆるところに潜んでいるのです。


1. 転落等の危険がある

外壁塗装の際は、かなり高い場所(2階立ての場合7~9m)まで手を伸ばさなくてはいけません。これはプロの職人でも十分気を付けて作業をしなくてはいけない高さで、とあるデータによると塗装時宇治における死亡事故の7割は墜落・転落によるものという結果も出ています。




2. 塗装する前の下地処理がおろそかになりがち

外壁塗装といっても、ただ壁の上から塗料を塗るだけではいけません。ある程度の年数を持たせるためには、壁の洗浄やひび割れの処理といった「下地処理」が非常に重要です。

ここがおろそかになると見栄えが良くないどころか、「塗って1年でひび割れが…」といったトラブルが起こりかねません。




3. 耐久性に難あり

2の項目とも共通する部分ですが、ホームセンター等で手に入るDIY向け塗料を使用した外壁塗装は、耐用年数に問題がある場合が多いです。

比較的長持ちするとされるシリコン系のものを使ったとしても、プロ仕様のものと比べるとやはり短命になる傾向です。




4. 工程が多く時間もかかる

プロにお願いしたときでも、外壁塗装にかかる日数は2週間~20日程度です。これは、外壁の洗浄から始まり、作業のための養生、ひび割れ等の下地処理、下塗り、中塗り~上塗りといった工程をひとつずつ積み重ねていった日数です。これをDIYで行うとなると、最低でも2~3倍の日数がかかると思った方が良いでしょう。




5.長い目で見ると思っていたより費用がかさむケースも

塗料代等、最初は安く済んだとしても、耐用年数が短ければそれだけ塗り直しの頻度も増えます。何度も塗り直しをした結果塗料代が高くついてしまった…というのは良くあることなのです。DIYした外壁塗装の補修をプロにお願いするにしても、結局出費額も増えてしまいます。




6.塗装に使う道具や養生を買い揃える費用がかかる

全て一から自前で揃える場合、約20万~30万円が相場です。さらに足場のレンタル代を合わせると、50万円を超えることもあります。




【まとめ】

紹介した通り、外壁塗装は専門の技術や経験が必要となる難しい作業です。塗膜の状態を見るところからプロに任せた方が無難と言えます。

ライフワークスは、長年地元千葉市で活動しています。外壁や屋根で気になることがあれば、ぜひライフワークスまでご連絡ください!


<ライフワークスへのお問い合わせ>

TEL. 043-236-7676

http://lifeworks1173.jp/contact