外壁塗装はなぜ必要? 役割や塗り替え費用の相場を紹介

 

建物の外壁には、基本的に塗装が施されています。塗装は年月とともに劣化していきますが、「見た目が悪くなるくらいだから……」と放置している方も多いでしょう。しかし、外壁塗装は重要な役割を果たしており、定期的に塗り替えることが大切なのです。今回は外壁塗装の役割や、塗装が劣化した際に起こるトラブル、塗り替え費用の相場をご紹介します。




■そもそも外壁塗装の役割とは?



外壁塗装の役割はいくつかあります。1つは建物を美しくすることで、これは多くの方が想像する役割でしょう。他にも、防汚性を高め美観を保つ、断熱・遮熱効果によって家の中を快適にする、紫外線から建物を保護するといった役割があります。そして、最も重要な役割が「防水」です。


塗料が乾燥し固まってできた「塗膜」は、外壁や屋根のバリアとしての役割を果たしてくれます。つまり、外壁塗装をしっかりと行なっているからこそ、建物を雨や風から守ることができるのです。外壁塗装は単なる「色塗り」ではなく、家に重要な機能を与える施工だということを理解しておく必要があります。




■外壁の防水機能が低下すると、こんな被害が!



外壁塗装は永久に残るものではなく、年月の経過に伴って劣化していきます。塗装の剥げやひび割れ、色あせなどがだんだんと目立ち始めるでしょう。こうなれば当然、外壁の防水機能は低下していき、雨風に対して無防備な状態になってしまうのです。


これを放置すると、雨水が室内に浸入してくるようになります。最初のうちはわずかな量かもしれませんが、それだけに気づくのが遅れることが多く、見えないところに水が溜まっていることもあります。浸入した水によって屋内の湿度は高まり、カビの発生につながることもあるでしょう。


家の骨組みである木材や鉄骨も、雨水の影響で腐ったり錆びたりしていきます。内部にダメージを負った家の耐久力は低下し、地震が発生した時などに倒壊するおそれすら否定できません。そして、塗装の劣化がさらに進行し、外壁自体にダメージが蓄積して亀裂や穴が広がると、滝のような雨漏りが発生することがあります。


つまり、誰でも気づけるレベルの雨漏りが発生した時は、すでに赤信号なのです。ダメージが深いところにまで達しており、大規模な修繕が必要になることも珍しくありません。建物を守るためには、「雨漏りが発生したら直せばいいや」ではなく、外壁塗装が劣化し始めた時点で対応しなければならないのです。




■外壁は定期的にメンテナンスするのがおすすめ



多くの外壁や屋根では、ここまでご紹介したような不具合が10年以内に発生します。どのような塗料でも間違いなく劣化は進んでいくため、定期的に外壁を塗り替えなければなりません。もちろん、目に見える不具合が発生しているなら、早めに外壁塗装や補修工事を行う必要があります。


この際、無視できないのが費用の問題です。一般的な2階建ての住宅の場合、外壁塗装の相場は60万円~90万円程度になります。これを負担に感じて塗り直しを行わず、外壁を放置してしまう方も多いでしょう。ところが、外壁塗装の劣化を放置したために雨漏りが発生すると、屋内の修繕まで必要になってくるので、総費用が100万円~200万円程度にまで膨らんでしまいます。つまり、かえって損をしてしまうのです。


このような事態を防ぐためにも、外壁塗装は10年を目安に行うといいでしょう。無駄な出費を抑えられるだけでなく、大規模な不具合の発生を防げるので、毎日快適に生活でき家の寿命を延ばせます。高機能塗料で施工すれば、周辺の環境にもよりますが、塗り替えの周期を10年より長くすることも可能です。


とはいえ、実際には予想より早く不具合が発生することもあります。この際、再塗装が必要なのかどうかを自分で見極めるのは難しいでしょう。おすすめなのは、専門業者に定期的にチェックをしてもらうことです。特に屋根の上は自分で確認するのが難しいため、業者に依頼すると安全かつ正確にチェックできます。もし塗装や修繕が必要だとわかったらすぐに実行して、大切なマイホームを守りましょう。




■千葉市の外壁塗装はライフワークスまで!


千葉県千葉市を拠点に活動する株式会社ライフワークスでは、外壁塗装・屋根塗装や住宅足場を手掛けています。自社で足場を保有し、足場の組み立てから外壁塗装までワンストップで施工できるため、費用を安く抑えることが可能です。長年外壁や屋根の塗装をしておらず不安な方や、雨漏りなどの被害にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。