塗装工事っていくらかかるの? 塗り替えが必要な理由とは?

 



こんにちは。

千葉県千葉市を拠点に外壁塗装・屋根塗装、住宅足場を手掛けている株式会社ライフワークスです。


普段、生活するなかで足場に注目している方は少ないでしょう。でもある時、なんとなく通りを歩いていると、外壁や屋根などの塗装のし直しをしているマンションやアパートを、何度も見かけるような……。そんな経験をした方もいらっしゃるのではないでしょうか。


分譲住宅では建てられた時期が同じなので「そろそろ塗り替え時期かも」と思うタイミングもほぼ同時に訪れます。外壁や屋根の塗装の寿命は一般的に決まっているのです。


では、塗装の塗り替えは必要なのでしょうか。今回は、塗装の必要性や、塗装が劣化した際に起こるトラブルなどをご紹介します。


■そもそも塗装の役割とは

塗装の役割として一番大きいのが「防水」です。塗装の表面にある塗膜が、外壁や屋根のバリアとしての役割を果たしてくれます。つまり塗装の剥げやひび割れが生じたら、雨や風が室内に浸みてしまい、家を支える柱や梁などを劣化させてしまいます。住まいの耐久性を保つために、塗装は重要なのです。




■目に見えない被害も

外壁や屋根の塗装の劣化は、目にはなかなか見られません。では見た目が劣化していなければ、処置をする必要はないのでしょうか。それは違います。塗装をしたら一般的に10年で塗り直しをしなければいけません。


目に見える不具合といえば、雨漏りということになるでしょう。雨漏りというのは塗装の表面の塗膜が劣化し、雨が建材に染み入った後の状況を指します。つまりすでに赤信号です。不具合が目に見えなくても、対処をしなくてはいけません。




■防水機能が低下すると…?

では目に見えない不具合というのはどのような状況を指すのでしょうか。塗装の表面ははじめのうちは光沢があります。最初の不具合としてはその艶がなくなることです。艶がなくなった外壁や屋根を放っておくと、防水効果がなくなり壁に少しずつ水が溜まってしまうようになります。


そのうち外壁の塗装にひび割れが生じたり、剥げができたりします。また外壁同士をつなぐコーキング材が収縮することもあります。こうした隙間から雨水が入り込んで、住まいの内部に湿気が溜まってしまうのです。その後も放置しておくとひび割れが大きくなり、雨水が直撃する面積も大きくなります。




■塗り替えを怠ったときの費用は?

多くの外壁や屋根では、10年以内にここまでの不具合が起きます。どのような塗料でも間違いなく劣化は進んでいきますので、注意しましょう。不具合が起きた場合、できるだけ早めに塗装のやり直しをすることをおすすめします。


クラックやひび割れが起きていた場合、2階建ての邸宅でも60~90万円で処置できます。ただし雨漏りが発生してしまった場合は、住まいの内部に関する施工もしなければいけないので、100~200万円ほどの費用が必要になります。


■塗り替えは10年ごとがおすすめ!

10年に一度の施工によって、雨漏りなどの重大なトラブルにならずに済みます。高額なお金をかけずに補修するためにも、10年ごとの塗り直しをしましょう。


さらにおすすめなのは、専門業者に定期的にチェックをしてもらうことです。特に屋根の上はなかなか自分の目では確認ができません。高所作業に慣れているプロの職人に依頼することで、長く健康な塗装の状態を保持できます。トラブルにつながる心配もありません。




■千葉市の塗装工事はライフワークスまで

屋根や外壁など、高所の塗装工事では足場が必要にあります。一般的に塗装工事と足場工事は別々の業者に依頼しなければいけません。もちろん、その分の費用が掛かってしまいます。


その点、千葉市の株式会社ライフワークスは自社で足場を保有しているので、セットで安く施工できます。長年、外壁や屋根の塗装をしていない方は、お気軽にご相談ください。


<ライフワークスへのお問い合わせ>

TEL. 043-236-7676

http://lifeworks1173.jp/contact