見積書に書いてある「付帯部」って、なに?

 



皆さんこんにちは。

千葉県千葉市を拠点に外壁塗装・屋根塗装、住宅足場を手掛けているライフワークスです。


外壁塗装の見積もり書を見ると、「付帯部(ふたいぶ)」という文字を目にすると思います。外壁塗装の際には通常、大部分を占める外壁・屋根以外にも付帯部の塗装も行うのですが、この付帯部とは一体どういうものなのかご存知でしょうか?これが見積書に含まれていないと、業者選定を誤った可能性が高くなります。そんな付帯部についてどういうものなのか、塗装の必要はあるのかなど解説します!


■付帯部とは?

建物についているたくさんのパーツのことを付帯部と呼びます。

以下に、主なものをまとめてみました。


付帯部に含まれるパーツ一覧



外観で目立つパーツ

・軒天(突き出した屋根の裏側)

・破風板(三角屋根の妻側にある板)

・鼻隠し(屋根の軒先にある板、雨樋が付いている箇所)

・庇


一見目立たないパーツ

・雨樋(屋根の排水設備)

・笠木(ベランダやバルコニーの手すりに付く板)

・水切り(外壁とその下の基礎部分の境界にある板)

・化粧胴差(1、2階の境界線にある化粧板)


その他のパーツ

玄関ドア、窓枠、換気フード、雨戸、戸袋、シャッター、ベランダやバルコニー、手すり、フェンスなど




■付帯部はなぜ塗装が必要なのか?

付帯部の防水性を修復することで、建物のさらなる劣化を防ぐことができます。例えば、雨樋の破損は外壁の劣化に繋がり、破風板などの腐食はいずれ雨漏りに発展する可能性がありますので、そのためにも付帯部の塗装は必要なのです。また、付帯部の塗装は美観の修復にもなります。


■付帯部が見積もりに含まれていることをチェックしよう

雨樋や笠木などを指す「付帯部」は、住まいの耐久性に関わる重要なパーツですので、その塗装工事も素材の違い・下地の整え方・塗料選びなどにも気を使わなければならないほど重要な工程となります。中には素人相手に付帯部塗装を省こうとする悪徳業者も存在しますので、まずは見積書に付帯部の名称が記載されているか確認し、塗料名、メーカー名など詳しく書かれていればご自身でも調べてみることをおすすめします。




■おわりに

もし見積もりに入っていなかった場合は、ぜひ業者に訊ねてみてください。さらには付帯部の耐用年数や塗り替えサイクルについてもアドバイスをもらっておきましょう。

ライフワークスでは、付帯部の塗装にも綿密な塗料剪定と丁寧な施工を行っています。住まいの外観は、アクセントとなる付帯部の彩りが重要なポイントとなりますので、その部分からの塗装の劣化は避けるべき、と考えるからです。


お客様の声に寄り添った住まいの塗り替えのことなら、高い施工技術を持つライフワークスへ、お気軽にご相談ください!


<ライフワークスへのお問い合わせ>

TEL.043-236-7676

http://lifeworks1173.jp/contact