暮らしの質を高める塗装!「機能性塗料」の概要や種類をご紹介

 


こんにちは。

千葉県千葉市で塗装工事を手掛けるライフワークスです。

2019年もあっという間に1カ月が経ちましたが、まだまだ寒いですね。

1月26日には銚子の気象台で初雪が観測されました。平年に比べて9日遅れの観測だったそうです。雪が降ると、外壁や屋根にもダメージが蓄積されます。塗装の状況が悪化するし、最悪の場合、建材にも影響が出ることがあるのです。


そこで「機能性塗料」をおすすめします。

時代の流れに合わせて塗料が進化しており、現在では塗るだけで暮らしの質が高まる塗料がリリースされているのです。しかしなかには機能性塗料という名前を謳った悪徳業者がいます。依頼の際に信頼できるか否かを見極めなければいけません。


今回は機能性塗料の種類や、悪徳業者の見分け方をご紹介します。



■機能性塗料とは?


一般的な塗料に加えて、特別な機能を搭載した塗料を指します。

塗料の表面にある「塗膜」が水をはじいたり、外気をシャットアウトしたりすることで、家全体にプラスの価値を与えてくれるのです。もちろん家族にとっては暮らし心地を高めてくれます。一般地益なリフォームとは違って塗装工事だけで機能性が高まりますので、工期を短縮できるのもメリットです。



■機能性塗料を種類別にご紹介


ではどのような性能をもたらしてくれるのでしょうか。

タイプ別にご紹介しましょう。(図の引用:日本ペイントのカタログより)



1.防汚性

外壁や屋根は常に室外にありますので、雨や雪などによって汚れてしまいます。しかし防汚性が高い塗料は「親水性」が高いので、反対に雨に濡れるだけで表面の汚れが簡単に落ちるのが特徴です。また「光触媒」という光が当たるだけで汚れを分解する機能がある塗料も人気です。



2.遮・断熱性能

夏の暑い外気を室内に入れないために効果を発揮するのが遮熱性塗料や断熱性塗料です。「遮熱」とは外の外気を跳ね返す作用をいいます。また「断熱」とは外気を入れにくくし、室内の気温を外に漏らしにくくする作用を指す言葉です。室内の快適性が高まるでしょう。



3.防カビ・防藻・防苔性

外壁の寿命を高めるために、防カビ・防藻・防苔性を高めることは需要です。表面の防水性能が低下してカビや苔が生えると、腐食して建物自体の寿命を短くすることになります。



4.耐候性

雪や雨、紫外線などから住まいを守るための機能が「耐候性」です。自然環境からの影響を軽減することで、結果的に防水性能を高めて住まいの寿命を延ばすことになります。




■「オリジナル塗料」は、悪徳業者の罠の可能性も


機能性塗料が増えるにしたがって、業者が「オリジナル塗料」といって自ら塗料を用意することが増えました。「独自で開発した高性能の塗料」と騙り、高額な請求をされるケースもあります。しかし実は一般的な安い塗料を使っていているのです。「オリジナルの塗料」は悪徳業者が使うキーワードだということを覚えておきましょう。



塗装工事は信頼できる業者に依頼する必要があります。

千葉市の周辺で外壁塗装をお考えの方は、ぜひ株式会社ライフワークスにご相談ください。多くのお客様に継続的にご依頼をいただけている信頼できる業者です。