屋根・外壁を塗り替える最適なサイクルとは?

 



こんにちは。

千葉県千葉市を拠点に外壁塗装・屋根塗装、住宅足場を手掛けているライフワークスです。


外を歩くのが気持ちの良い季節となりましたが、街を歩いていて住まいの外壁を何気なく見ていますと、雨など自然の力により汚れた壁、ツヤありのきれいな壁など、さまざまな壁を目にすることができます。

外壁の汚れはは塗り替え工事でキレイにすることが可能ですが、実は外壁の耐用年数にも大きく関係します。




では、塗り替えはどのくらいのサイクルで行うのが最適なのかご存知でしょうか?

今回は住まいの屋根や外壁塗装の耐用年数と、深刻なダメージを受けないためのベストな塗り替えサイクルについて解説します。


■そもそも、外壁塗装の耐用年数とは何なのか

外壁塗装における耐用年数とは、「外壁を使うことができる予定年数」のことを言います。

また、外壁塗装の耐用年数は「塗料」「建物」の2つに分けられ、これらどちらともが重要な要素となりますが、今回は塗料に焦点を当てて解説していきます。


■塗料の耐用年数

塗料メーカーはたくさん存在しますが、塗料の種類はほぼ同じです。

現在の主流はシリコン系塗料で、耐用年数は10年ほどとなっています。


耐用年数 塗料の種類(特徴)



使用する塗料の種類により耐用年数・コストがそれぞれ異なることから、長い目で見ると外壁の維持費用も大きく変わってきますので、塗料を決定する際にはよく考える必要があります。


■塗料決めの2つの選択肢



ポイントは耐用年数、塗料の価格、サイクルの長さの3点で、以下の2つの選択肢が挙げられます。


耐用年数の高い高価な塗料で、長いサイクルにて工事回数を抑える

短い耐用年数ではあるが安価な塗料を使用し、短いサイクルで塗り替える


ここにさらに足場代・人件費が加わることになります。

長い目でみたトータルコストを抑えるためには①がおすすめではありますが、②では細かな不具合を発見しやすく、長耐久塗料で付く汚れを工事のたびにキレイにできたり、工事あたりのコストを抑えることができるというメリットもあるのです。


また、外壁材同士の隙間を埋めるコーキング(シーリング)について、中には15~30年という長い耐用年数のものもありますが、コーキングは自然環境の影響による劣化が激しく現れる箇所でもありますので、ヒビ割れ、剥離、破断、欠落などが無いか10年ごとにチェックしたいものです。

できれば外壁塗装の塗り替えと同時にコーキングも打ち替えると、今後のサイクルも作りやすいでしょう。




■まとめ

屋根や外壁の塗り替えに関しては、塗料の種類・耐用年数・見栄えなどを踏まえるといろいろなやり方がありますが、ご要望や予算を考えたうえで資金計画を立てましょう。どちらの方法でも、またその中間をとった方法でもライフワークスは柔軟に対応可能です。通常、足場は別注となるところ、ライフワークスは足場屋でもありますのでセットでお安くすることもできます。


屋根の塗り替えをお考えの際は、ぜひ経験・実績豊富な当社まで、お気軽にご相談ください!


<ライフワークスへのお問い合わせ>

TEL. 043-236-7676

http://lifeworks1173.jp/contact